ホーム > 新着情報一覧 > 新着のお知らせ詳細

2008.10.31 海外通信社から取材を受けました

10月22日に、当学院がAFP通信社様より取材を受けました!
AFP通信社は、フランスに本拠地があり、AP通信やロイター通信に次ぐ
世界三位の通信社なんです[:!!:]

今回はわざわざ海外から日本の着物事情について取材にいらしたそうです[:飛行機:]
当学院に取材に来たきっかけは、ジャーナリストの方が10月19日に
原宿駅周辺に集う着物姿の女性たちをご覧になり、
興味を持って後をつけてみたところ、当学院の認定式だったので
インターネットで学院のホームページを調べてくださったそうです[:PC:]

インタビューのテーマは
「あなたにとっての着物とは」
「これからの日本で着物がどうなっていくか」
など、私たちが日々接しているテーマについて。
取材は渋谷校にて、飯島副学院長と宮本主任講師が受けました。

AFP

「着物は日本の民族衣装です。若い世代の皆様も着物の価値と
必要性をしっかりと持たれている方が多くなっていると思います。」
「日本の正装である限り、着物の文化はなくなりません。
何より伝統として受け継ぐべき文化であると実感しています。」

と、終始和やかなお話し合いの中、思いのたけをお伝えしました[:ラッキー:]

AFP

また当日、本科の初日を迎えられた生徒さん達にも着付けを体験していただき、
インタビューを受けていただきました!
「何より自分が着たいと思ったからです。」
「コンサートやパーティーのフォーマルとして着てみたかった。」

などなど、着付けに対する志の強さを感じるコメントをいただきました。

AFP

最後は取材に来ていただいた通信社の方々と記念撮影をしました[:カメラ:]
ご協力いただきました皆様、本当にお疲れ様でした!
AFP

JUGEMテーマ:ニュース